綺麗な二重を手に入れて自信溢れる私になる|美容整形の力

2つの施術法

鏡を見る女性

自分の容姿に自信を持っている人はどれほどいるでしょうか。多くの人がどこかしらに外見コンプレックスを持っているものです。それが悪いことではありませんが、コンプレックスを解消することで大きな自信に繋がる可能性があります。自分の理想どおりの姿になる為に、ダイエットやメイク勉強などを頑張る女性も多くいます。その結果、大変身とも言えるイメチェンを成功させることもできるでしょう。しかし、顔のパーツを変化させるのは難しいものです。日本人特有とも言える一重は遺伝に左右されるもので、アイテープなどを用いて二重にすることができてもそれを癖づけるまでには時間が掛かるでしょう。
即効で目を二重にするなら美容整形が最も手軽で有効的な方法です。自分自身で努力することなく、たった10分たかだかの施術を受けることで理想どおりの二重を手に入れられるのです。二重形成は美容整形の中でも比較的手軽に行なえるもので、その特徴からプチ整形とも呼ばれています。まるでメイクをする感覚で施術を受けられるでしょう。二重形成の中には埋没法と切開法があり、それぞれ費用も違えば施術法も違います。違いを把握してから施術法を選びましょう。

初めて美容整形を受ける人には埋没法が推奨されています。埋没法はメスを用いることなく、埋没糸と呼ばれる極細の糸でまぶたを縫い合わせるだけのシンプルな施術で、元の目に戻すことも可能です。今では美容整形の施術力がかなり高まっているので、成功する確率の方が至って高いですが、仮に施術に失敗しても戻せるという安心感から人気を集めています。また、メスを用いることがないので、初めての手術でも恐怖感を軽減できるでしょう。
反対に切開法はメスを用いるので、埋没法と比較して強めの麻酔注射を打つことから始めます。ネット上で掲載されている二重形成の費用に、さらに麻酔代も加算されるので予算には余裕を持っておきましょう。シンプルな埋没法は両目で8~15万円、メスを用いる切開法は両目で20万円前後掛かることも珍しくありません。

金額のお手頃さで言うと埋没法の方が選ばれやすいものですが、半永久的な二重効果をキープするなら断然切開法の方が適しています。糸で留める埋没法とは違い、目に覆いかぶさったまぶたをメスで切開し、重さの要因になっていた脂肪を取り除いて二重を作り上げる為、半永久的にそのラインを保てるのです。また、埋没法では作れない幅広二重も完成できるので、派手目な目元に仕上げたい人が切開法を選ぶケースが多いでしょう。

カウンセリング

部分的に行なう施術法

美容外科クリニックで受けられる二重形成は大きく分けると2種類に分かれますが、部分的な施術法もあわせるとその数は両手じゃ足りません。部分的な目頭や目尻に手を加えると、さらに理想の形に仕上げられるでしょう。

医者

老化現象を打破

年齢を重ねるとまぶたの筋力が低下することから、目のたるみがどんどん目立つようになってきます。そうした症状をあらかじめ予防する為にはマッサージやストレッチが有効的になりますが、なってしまった後には二重整形による切開法が適しています。

レディー

自然な仕上がりの為に

美容外科クリニックを利用するときは、頼りある担当医を選びたいものです。その為には美容外科クリニックの口コミをチェックして二重形成にトライしましょう。これまでの症例写真、さらに口コミを見ることで選びやすくなります。

女性

若さをキープする方法

自分の美容願望を実現する為に、多くの人から選ばれている美容外科クリニックではさまざまな施術を行なっています。二重形成はその中でも人気なもので、顔の印象を見違えるほど変えてくれるでしょう。