綺麗な二重を手に入れて自信溢れる私になる|美容整形の力

部分的に行なう施術法

カウンセリング

外見に関する好みは人によって異なります。同じ二重でも、平行型や末広型などデザインが大きく異なるので、その中から最も自分が理想とする形を選ぶならいくつかの施術を組み合わせることです。目元のデザインを大きく分けるなら、埋没法か切開法を選びましょう。それから目の幅を大きく広げるなら、目尻、または目頭を大きく切開してみることです。人形のようなぱっちりとした目元に仕上げたい人に部分切開法は適していて、遺伝ではなかなかできないであろう目元を手に入れられます。
日本人の多くが目頭に蒙古ひだと呼ばれるものがあり、それによって目が小さく見えますが、目頭切開して蒙古ひだをなくすと横幅の広い目元になるでしょう。二重ラインを目頭から作りたいなら、切開法と目頭切開を組み合わせることです。同じ幅の二重ラインが、目頭から目尻まで続くのでスッピンでも目力が強くなります。
すでに蒙古ひだがないなら目尻を切開しましょう。横から見たときにも大きなぱっちりした目だというのがひと目で分かります。

今では二重形成にいくつもの種類があるので、美容外科クリニックでの施術を受けるときには、担当医になりたい目元のイメージを伝えましょう。そうすると、その形になるに適した施術法を教えてもらえます。
美容外科クリニックでは、これまで施術してきた目元の症例写真を公式ホームページなどで公開しているので自分の理想に近いものを探してみましょう。その施術を行なった医師を指名することもできるので、最もイメージに近い二重を手に入れられるようになります。

日本人の多くが憧れている二重を手に入れるときは、口コミでも評判のいい美容外科クリニックを探すことです。施術の前には必ず前もってカウンセリングを行ないますが、その際にしっかりイメージを共有することで、理想どおりの二重を手に入れられるでしょう。利用者となる女性が希望する二重ラインにマーキングし、そのラインどおりに施術が行なわれます。施術前には利用者に適した量での麻酔注射を打ってもらえるので、痛みに関する心配もありません。